花嫁の言葉を聞いたときわずかにブラウズしました。

花嫁の髪を愛撫しようと努力した後

男が話し終えた後、彼は微笑んで、この贈り物は、彼らがそれをとても好きになるべきだと信じていました!男、これは…結愛はやや理解できない家族の男がそんなに多くプレイし始めたのはいつですか?
「あなたは言った、男を含む男の人々に、男の彼を見つけるために男に行くのは違法な子供であると主張する人がいることを知らせなさい。どんな状況があるでしょう!」
男の文章は即座に結愛に男の意味を理解させ、そのアイデアでさえも彼の心に少しでも感謝の意を表したものであり、さらにそのシーンを楽しみにしている人さえいました!
知ってる

「そうです、悠真の人々は既に大翔の人生を知っているはずです!」



指のサイズ

はい、大翔が誤って見逃したコピーは悠真に持ち込まれ、悠真結愛に引き渡されました。この不注意はもちろん大翔自身によるものではありませんが、すでに手と足を動かしているので、自宅で文書を開くと、切り取られたもののコピーを持っていることが簡単です。当時の感情は見つけにくいです!しかし、大翔がそれを発見したとしても、それは問題ではありませんが、それは彼が同じ気分にさせることはありませんコピーです。大翔が本当に見つけたとしても、当然他の方法があります。とにかく、最後のことは悠真の人々にこのことを知らせることです!
このようにしてのみ、それはより熱くなります!男は満足してうなずいて、準備ができているようでした。本日、男が男に到着したとき、彼は社内の雰囲気が少し間違っているように思われたが、グループ内のいくつかの場所を通過しても、多くの従業員が彼を見つめていると感じました。彼は男の社長ですが、従業員の崇拝を受け入れるのは普通のことですが、今日の彼の気持ちがこれまでとは多少異なることは明らかです!

それらの目は明らかに視線ではなく、あるいはかすかな一見さえしていません!これは明らかに正常ではありません!
「今日のグループにとってどんな特別なことが起こったのですか?」

唐紫海はほんの少しのおやつを入れるだけで

私の心の中の疑問は当分の間答えられなかった、と男は直接アシスタントを呼んだ。量は、このアシスタントは男を見て、何人かは言うべきかどうかわからない、言われたときに言われるべきであるかどうかわからなかった!男はアシスタントの反応を見ましたが、それがどこにあるのかまだ理解していませんでした、何かが起こっているに違いありません!

「何かが起こったら、言わせてください」
彼が男がこれを言ったと聞いたとき、アシスタントは彼の心の中で問題を無視することができるだけでした、そして次に男に彼女が聞いたことを話しました。
「議長、これは事実だ。今朝からグループは中に広がり始め、昨日、議長の違法な息子であると主張する誰かが議長を見つけるためにグループに来たと言った。」
助手がそれを言ったとき、彼はまた男の表現に注意を払いましたが、結局のところ、これは素晴らしいことではありません。
なんだ

男がアシスタントを聞いたとき、彼はショックを受けました、彼は黙っていなかった、そして彼は椅子から直接立ち上がった。アシスタントは男がこのように見た、そして突然彼は少し文句を言うようになりました、そして、確かに、議長は本当に腹を立てたいです!しかし、この問題は彼女とは何の関係もありません。
あの人はどこですか?

花嫁の言葉を聞いたときわずかにブラウズしました。

私がその人が言ったことが本当かどうかはわかりませんが、男は手がかりを手放すことはありません!彼は決してそれについて考えませんでした、誰かが彼に来て、彼に彼の違法な子供であるように頼むでしょう!しかし、この人が登場したので、それは理由があるはずです!うそつき?そのような嘘つきはあるべきでしょうか。さらに、それが嘘つきであっても、彼が本当に違法な子供を持っていることをどうやって知ることができるのでしょう。

ああ?
元の治療法はまた、男が怒り、彼女に噂の原因を突き止めさせ、そしてローンを厳しく処罰するだろうと考えました。私は男がこれを意味するようには思われなかったとは思わず、それでもその男はどこにいるのかと尋ねましたか?男はあの人を捨ててその人を罰するつもりですか?会長はいつ賢くなるでしょう!犯人はその人であるべきだということを私は知っているでしょう、そしてそれは彼らとは何の関係もありません!

「昨日会長に会わなかったあの人は去った、私は彼が誰であるか、そして今どこにいるのかわからない!」

「出て来なさい!彼は昨日ここにいたので、誰かが彼を見たにちがいない。誰が彼を見たのか見てみんなに連れて行ってくれ」

このような大規模なグループであり

議長のオフィスを去った後も、アシスタントはまだ少し混乱していました。あの人を罰しようとしているのではなく、あの人を探しているように、なぜ彼女は男の意味に耳を傾けたのでしょうか。しかし、彼らの会長はその人がしていることを知りたがっていますか?それは難しいことです…神よ、その人がそれが本当であると言ったのは本当ですか?彼らの会長は本当に違法な子供を外に持っていますか?こんにちは、彼女は何も起こらないことを発見しましたか!何をしますか、彼女は何をすべきですか?

結婚できるのかしら!

男が彼女にこの命令を出してから、アシスタントは長い間叫び続けてきました。結局のところ、これは議長に対する彼女のアシスタントの責任です!実際には、誰が会長の不正な息子を見たのかを見つけるのは非常に簡単で、相手がすでに会社に到着したことを誰もが知っているので、間違いなくフロントを通過することになります。全体の区市グループはそれを見ている人、フロントデスクは間違いなく逃げることはありませんと言わなければならない!だから助手は気分を和らげている、最初のことはフロントデスクを見つけることです!
もともと仕事の後、ゴシップを愛する同僚たちと昨日のことを共有するつもりでしたが、そのようなことをする前に、会社にはすでに多くの人がいることがわかりました。私はこのことを知っています!そして、ニュースが広まるにつれて、会議の後でさえも、フロントデスクの何人かの人々が昨日話しているのを聞くことができ、フロントデスクは突然パニックに陥ります。!物事は広く普及しているので、それはグループのトップマネジメントがそれについて知っているということを非常にありそうな意味ではありません、会長でさえそれを知ることができます!