夫婦全体を歩き回りたいと思っても

彼女は興味を持っていませんでした。

「私の妻、男夫人は本当に幸せです。数日前に男が私たちのところにやって来て、もう一度来る前に私たちに思い出させてくれました!」
スタッフは女の目を見てゆっくりと嫉妬し、そしておそらくそれらを嫌っていたが、彼らは当然男の前でそれらを見せようとはしなかった!


あなたはどのように突然人を変えましたか?
「このようなことが判明しました。ご主人、あなたにとって本当に難しいのです!」
もう一方のパーティーはすでに非常にはっきりとした演奏をしています、女は彼がまだまったく気持ちがないとどのように感じることができるでしょうか!
彼女が男の妻であることを聞いたとき、彼女はすぐに彼女の失望感を示しましたが、女がこの女性が男に興味を持っていることがわからなかった場合、彼女はまだそれは本当に女性です!それゆえ、女はお互いを見ることができるだけで、大きく笑ったが、崇拝者が見ることができなかった場所で、彼は陽翔の腰の肉をたたきつけた!蝶の外に賭けるように頼み、蝶の外に賭けるように頼む!蝶を賭けても問題ありませんが、彼女も見られます!こんにちは!試合が終了した後、男が彼の目を凝視していたのを見て、女のジェスチャーは冷たくて悲鳴を上げていた。
「それは、男の妻は本当に愛してる!結婚相手の!」


夫婦関係彼女は本当に感動しています!崇拝者はムラとグー・ユーチェンがしていることを見ることはできませんが、彼女から話をした後、私はム・ユーとグー・ユーチェンの間に何か問題があると感じることができるようです。彼女に二人の間の感情を持たせても、空間のように、そして他には何も挿入することはできません!そしてまだ私の心の中で憎しみをうらやましい崇拝者たちは突然目を覚ましています!彼女は混乱していますか?条件を大事にするのは当然ですが、彼女の立場ではどうやってそれを考えることができますか!そして、夫人男の前でさえ、彼女は本当に死にたくないか、この仕事を望んでいません!
これを理解しようとした後、賞賛者たちはすぐに男の体に目を向け直し、すぐに自分の心を右側に向けました。もう一度考えようとしないでください!彼女は前に上司の話を聞いたことがあり、男は妻に非常に注意を払っていましたが、男のように、人々がどうやって妻を喜ばせる必要があるのでしょうか。私が最後に男に会った時、彼女は天の人になることにショックを受け、男が本当に彼の妻を愛していると信じることにさらに消極的でした!今、本当にグシャオと彼の妻の間の相互作用を見た後、彼女はなぜ彼女の上司が以前彼女に言ったのか理解しています!特に彼女が男がちょうど彼女を見たという警告の目を受けたとき、彼女は本当に怖かったです!

しかしそれは起こっていないので何が起こったのか

彼女が今日の彼女のサービスが女を少し不満にさせるならば、彼女の仕事は救われないかもしれないと言うことさえあえて言った。その時、それはそれほど不注意ではないと言ってはいけない、彼女は本当に何も持っていない!

男、マダム、我々は進歩しているのだろうか?これを言った後、彼女は男と女を見ることさえ敢えてしなかった、彼女は不幸な人を恐れて、そして悲劇的でした!
妻よ、ハァッか

男はスタッフを見て、何も言わなかったが、女を見に向かった。この女性が本当に女を不幸にさせるのなら、彼は本当に彼女にどう対処するかを気にしていません!女は、彼女はちょっと不幸だったと認めた!しかし、彼らはすでに男の体に逃げ出しているようです!さらに、新しい女性の心には、そのようなことが将来無限に続く可能性があることも明らかです。たとえ彼女が今この女性に何かをしたとしても、将来そのような人がまだいるでしょう!

さらに、この女性は何もするのに十分な時間がありませんでした、彼女は怖がっています、私は後で何もすることをあえてしないと怖いです!彼女は本当に彼女について当惑することを望んでいる必要はありません!さらに、他の人のために、女は本当に苦手です。
行こう!
このように考えた後、女はその人を二度と見ないで、男にうなずいた。怒っていませんか?グー・ユッチェンは、女は怒るだろうと思っていましたが、結局のところ、彼を賞賛したばかりの場所は今までかすかに痛みを感じていました。
「あなたが怒りたいのであれば、私は怒るべき何かを持っています。あなたはあなたと怒っていなければなりません。おお、あなたが外に出ると、あなたは蜂をひきつけるようになるでしょう!」

「妻、私はそうです、私は何もしなかったことを知っています!」
男は言った、そして彼は崇拝者に向かって叫んだ、そして崇拝者はすでに深く頭を埋めた、そして男を見ることは言うまでもなく頭を上げないであえてさえした!
「ああ、幸いなことに、あなたは何もしていません。本当に何かをしたのであれば、これはそんなことではありません。それなら、あなたはもう準備ができていると言っていませんか。」

女は彼女の前で崇拝者を見て、男との会話を聞きました彼女は腰を曲げなければならなかったので彼女は自分の理由で流血を望んでいませんでした。その人が最初に起きるようにしなさい!
「ああ?まあ、ここに来てください!」

彼女はそのような勇気を持ったことがない

私が女の声を聞いたとき、崇拝者は最初に驚いて、そしてすぐに答えました、そして、エクスタシーがありました!これは彼女が元気であることを意味しますか?それから彼女はすぐに彼女の前で女への道を導いた男に関しては、彼女はそれを見さえしなかった!ハァッ、彼女は本当にラッキーです、しかし幸いなことに、グーシャオ夫人の心は優しいです、さもなければ彼女は明日死ぬかもしれません!

すぐに、女はこのエピソードを再び彼女の心の中に入れませんでした。
うわー、とても美しい!

本当にきれいです!彼女がこの時期にたくさんの良いことに慣れていたからではないとすれば、私はそれがさらに驚くべきことになるでしょう!しかし、いずれにせよ、これらのウェディングドレスは本当に美しい、彼女の心にふさわしいです!


さらに、実際の商品はアルバムで見たものよりも美しいですが、何度もわかりません。
「陽翔、どうすればいい、私はこれらのセットが好きです!」
膝を見た後、女は男の横に向かって行き、それは難しいと言った。彼女が中のセットを選ぶなら、それは本当に少しあまりにも難しいです!
「それからすべてのセットを試してみてください。何か問題がある場合は、今すぐ変更できます。」

「グーシャオは正しかった。デザイナーは皆待機している。女性が試した後、何か問題があれば、すぐに私達はデザイナーにこれらのウェディングドレスが女性に最適であることを確認するよう通知する。形をした!」

そうでなければ、仕立ての感覚はありません!
「ああ、それだけで、突然誰かを変えたのですか?」
女はまだ男と話していましたが、突然彼は隣の人の声を聞きましたが、見知らぬ人のように聞こえました。尋ねられたスタッフも厄介でした。

「それ、彼女は少し不快に思えるので、私を彼女のために連れて行きましょう!」


あなたは私が今どのようなアイデンティティを知っていますか?尋ねられたスタッフも厄介でした。
「それ、彼女は少し不快に思えるので、私を彼女のために連れて行きましょう!」
それが本当に不快であるか不快であるかどうかに関しては、誰もそれを調査するために行くべきではありません!前のことを経験した人が非常におびえていて、彼が男夫人の事実を害する可能性があることを指導者に認める以外に選択肢がないというわけではありませんでした!


夫婦関係彼女は本当に感動しています! 男は相手よりも彼女にとって非常に良いからです。 夫婦関係彼女は本当に感動しています!