結婚していなくても

これはもたらしたそれは


議長がこれについて知っているならば、彼は噂がどのようにグループの中に広がったかをたどることを望みますが、結局のところ、議長のスキャンダルはグループのスキャンダルになるでしょう!それから、彼女のフロントデスクが最初に調査される可能性があります。しかし、彼女が到着したとき、彼女はどのように説明することができます、噂は彼女によって広げられていません!誰もがそれを信じますか?確かに、フロントデスクがアシスタントからチェアマンへの電話を受けるのにそれほど時間はかかりませんでした。
「あなたがやってくる、ああ、悲しくはない、私はあなたがやってくるように言った、あなたに尋ねるものだけがあり、そしてそれに関して何も悪いことはない!」

助手はフロントデスクの外観が泣いているのを見て、突然ちょっとおかしいと感じました、この女の子、彼女は彼女の悩みを見つけるために来ていると推定されます!しかし、彼女でさえ最初にそれについて考えていた、そしてそれはフロントがそのような考えを持つのが普通であろう!
「それで、昨日会長に来た人に聞いてみませんか。会社の噂は私には広まっていません。何が起こっているのかわかりません。私は人と話をしたいのですが、私はすべてです。私はまだそれを言っていません、そして多くの人がすでにそれを知っています!」
問題が本当に彼女のしたことであるならば、彼女がそれをしていることは明らかではありません、しかし、彼女は彼女に彼女を間違えさせなければなりません。とても不幸です!

助手はフロントデスクが彼女からの噂ではないと言っているのを聞きましたが、私の心には疑いがあると感じました。しかし、それは明らかにこの問題を追求する時ではありませんが、彼女はまだやるべきことがあります!理事長はまだ彼女のニュースを待っています!こんにちは、これらは重要ではないです今議長はあなたに会いたいと思っています私は昨日その人の状況についてあなたに尋ねたいと思いますので、あなたは私と議長と一緒に行く準備ができています

「ああ、私は会長に会いに行かなければならない。終わった後、私は本当にここで終わった!」
フロントデスクはもともと私がアシスタントに会うだけだと思っていたのですが、到着するとは思っていませんでしたが、アシスタントは彼女に会長に会うつもりだったと言っていました。アシスタントはフロントデスクの外観が泣きそうな気分になってショックを受けましたが、彼女は泣いて笑い始めましたが、まだ何も言っていませんでした。

「ねえ、泣かないで、議長は他に何も意味しない。議長はその人の状況を知りたいだけで、グループ内の噂が原因で怒っているとは思わない」
それを考えた後、アシスタントはまだフロントデスクに少し思い出させてくれました。


「議長はその人について本当に興味があり、あなたの責任を追求するのではないと思うので、議長に何か問題があることを安心することができます。あなたはそれに答えることができます、何もないでしょう!アシスタントはすでに最善を尽くしているとアシスタントは感じていますが、他の人はもう何も言えません。フロントで彼女の話を聞いた後、私は安心できると思います。」

「ああ、あなたは私にうそをつくことはなかった、本当に偽物だ。議長は本当に私の過ちを調査するつもりはないのだろうか?しかし、なぜその議長がその人をそんなに気にかけているのか。彼は本当に議長の非合法な息子ですか?」

明らかにそれは女です!

フロントがちょうど開いたとき、アシスタントは急いでフロントデスクの女の子の口をつかむのが怖かったです!私の神よ、この少女の勇気は大きすぎて、彼女が今いる場所を見ていません、それでここで言うことができますか?たとえあなたが本当にそのような考えをあなたの心に持っていたとしても、あなたはそれをしっかりと保持することができるだけであり、あなたはそれをここで言うことができない!言うまでもなく、それはまだそのようなことです!
「あなたはささやく!あなたは私を殺している!」
アシスタントは本当にフロントが怖いので、もっと大げさなことを言うのではないかと恐れて、彼女は口をあえてすることができなかったのです!フロントを見て、少女は頭を横に振って、他には何も話さないと言って、アシスタントは最後にフロントの口を持って手を放した。

「あなたの考えを急いであなたの胃に粉砕しなさい。指導者の考えも我々が推測できる何かである。あなたが入るときあなたは注意を払うべきである。あなたが何かを言いたいのなら、あなたはそれをはっきりと言うべきだ。」

フロントの女の子はすぐにうなずいたが、その間に興奮しすぎたので、そのようになるだろう。フロントの姉は外で十分な精神的準備をしていましたが、彼女が男のオフィスに入ったとき、彼女の心には激しい緊張がありました!議長が彼女に何を尋ねるのかわかりません。
「昨日、誰かが私に会いに会社にやって来て、私の違法な子供であると主張したと聞きましたか?」
フロントデスクは彼がちょうど入ったばかりであることを期待していなかった、男は直接意味を直接説明し、そして時々何らかの反応があった時、彼は男を見てうなずいた。

「はい、彼はあなたに会うために来ていると言っただけでした、しかし約束がなかったので、私は彼を起こさせませんでした。その後、彼はそれがあなた、あなたのものだと言いました。彼が起きたとき、彼は何も言わなかった。彼はただそこに座り、私たちが仕事を降りるまでそれが去るように見えなかった。」

私は男を見て、彼が知っていることすべてを話すことしかできませんでした。男はフロントデスクで、相手が予約していないので相手を起こさせなかったと言ったのを聞いたばかりです私の心はまだ少し怒っていた、昨日会ったなら、彼に会いましょう、彼は大きな驚きをもたらすでしょう!しかし、フロントデスクは確かに会社の規制に準拠しており、そのようなことに対して彼女を罰することはほとんどないので、会社の他の従業員は確かに異議を唱えます。

彼は今日戻ってくるのですか?

私はそれを持っていないようだ、私は今日彼に会ったことがない!男がとても緊張しているのを見て、フロントデスクは本当にますます彼女の以前の考えが非常にありそうであることを得ています!そうでなければ、なぜ男はこの人のことをそんなに気にかけているのでしょう!私はまだすぐにお互いに会うのを待つことができないようです!

花嫁のを見た瞬間

議長が自宅で妻をとても好きであると言っているのではなく、相手がベッドでひどく病気になっていても、彼はまだあきらめていません。案の定、男性はそれを信じることができない!時々男性は外でよりよく実行します、そして多分彼らは後ろで話すことができない何かをすることができます!しかし、彼女は彼らの会長は良い人だと思っていました。それは表面上の妻のための良い同情であることは明らかです、実際には、それは常に世界の外で費やされてきました!さもなければ、どのように違法な子供が出てくるでしょう!


私は本当に家族の顔を見失った。
「この場合は、彼について知っていることすべてを教えてください」
。男がフロントの話を聞いたとき、それは少しがっかりさせたようだった彼は男が今日再び来ると思い、結果は本当に期待外れだった。彼がその人について知っていることは何ですか、彼女はすでに彼女が言ったことを知っています、彼女は他に何を言いますか?
「ああ、その人の名前は何ですか、それはどのようなものですか、どんな人ですか、わかりませんか?」
男の心は不安になり始め、それらの間の距離が非常に近いことは明らかだったが、彼はそれをうまく把握できず、機会を逃したので、そのような可能性を見つけるために最善を尽くさなければなりません!

そして彼の目的を達成するために、このフロントデスクが非常に重要であることは明らかです!それは現在の位置、グループ全体の市、フロントのみこの人、その人を見たことがあるようですので!
「額、でも彼の名前がどういう人なのか、彼がどんな人なのかわからない。見た目はごく普通の見た目だ!」
フロントの女の子たちはほとんど泣いています!早くからこれを知って、彼女はその男の名前は何だったのかと尋ねました。しかし、彼はそのように見えます、それは本当に会長の息子のようではありません!
会長の息子ですが、男は彼の目の前で比較を行っています。ルックスに関しては、彼女はもっと泣きたいです!顔の盲目は傷つけるわけにはいかない、彼女は今その人がどのように見えるかについて考えさせて、それは本当に大きな問題です!


あなたは独立の感覚を持っています 結婚式に来ることを考えていません 彼らを責めないでください