頭には汗がいっぱいで

花嫁の愛が前に送った5000万



どうやって飛ぶ、どう思う?
大翔の目では、男が自然にそれを見ることができます。彼についてのすべて、ついに誰かが同意します!そしてこの人は将来彼の相続人になるでしょう!
「とてもいいね、私はそれがとても好きです!お父さん、いつからここで公式に働き始めることができますか?」
大翔は陽翔グループに入るのを待ち始め、男のポジションにすぐに自分自身を定着させたいと思っています。さらにできるだけ早く上位のポジションに登ることさえしたいです!
「心配しないでください、私は人々がそれをするように手配しました。ここ数日の間に、私はあなたをグループ内の他のディレクターに知らせるでしょう。」


あなたは私を怖がっていますか?

男は自分の相続人として大翔を教育していますグループ内の長所と短所のいくつかは彼が把握しようとするように自然にあります。2人の会話は長い間続いていませんでしたフロントデスクの悠真から大翔の存在を尋ねた人事部長は急いでいました。30分後、時間は非常に速いです!
「会長、あなたは私を探していますか?」
人事部長がドアをノックして議長室に入った後、彼は男を見て尋ねましたが、彼の目は密かに大翔の体の中の人を横切った、それはちょうど彼女に伝説の次男だった。人事管理、グシャオと比較して、この人の長年の経験のために、それははるかに悪いです!
陽翔は区グループでは働いていませんでしたが、彼自身のビジネスを外部に持っています、しかし区グループの多くの人々は翼グループで働く人々をうらやましいです!まさか、男をそんなに高くする人!彼らはまた、彼らが若くて美しい上司を持つことができることを願っています!さらに、男はもともと家族の若い主人であり、家族の相続人であり、明らかに男を継承する機会があります。その結果、突然大翔はとても個人的なので、人事部長は彼が実際に仕事をした後、グループの従業員の目が彼に集中することを確信しています!

現時点で権力を握る人はいないようです

多分誰かが彼女が当時よりもうるさいことができます!
「はい、これは大翔です。これから、彼は男家族に入ります。できるだけ早く入会手続きを受けられます。」
男はすでに大翔と一緒に理事会にすぐに行きたいと思っていますが、これらの小さなことは当然急いで次の人たちに投げられます。案の定、これは次男です!そして議長の態度を見て、私はそれが前のフロントデスク悠真よりも誇張されていることを恐れています!しかし、彼らは、議長と別の息子が、彼ら自身と悠真の違法な息子を公然とテーブルに載せていると言ったことは一度もありませんでした。しかし、心の中にもっと質問があるとしても、人事部長は男の前で直接話すほど愚かではありません。
「さて、議長、グループにおけるシェン氏の位置はどうですか?」

彼女は大翔が男の非合法的な子供であることを知っていましたが、男はまだそれを明らかにしていませんでした、しかし結婚相手のを見る態度は大翔によって虐待されるべきではありません!この問題、およびそれを心配する他の人々は、それは今ここ男に依頼することをお勧めします!

結局のところ、人々は男によってもたらされ、仕事の参入も男によって決定されていますが、彼は行動を遵守しているだけであり、あとでそれを追求しようとしても、彼は非難できないはずです!
なぜ人事部長は、誰かが後で追求したことについて考えるのですか?私は男と大翔の関係を知っているので、どうすれば彼は彼の心に何の防御もできないのでしょう。あなたは、男のような家族がスキャンダルをこのように広めることを確実に許さないことを知っていなければなりません。

さらに、男の妻の後ろにはまだ葵の家族がいます!彼らはいつも男の妻が健康状態に乏しく、何年もの間公衆の視野に出ていないことを常に知っていました。それでも、人々がかつてジェーン嬢だったという事実に耐えることはできません。それが短期的な保護に関しては、ジェーンは家族よりずっと短いです!男は彼の不法な子供を公然と横にして陽翔グループに配置しました葵一家がその知らせを受けた後、私は何も起こらなかったとは思わないでしょう。
区内グループに大きな混乱をもたらすことは不可能ではないかもしれません。
「すぐにマーケティングマネージャとして。」
忠崇の言葉を聞いたとき、人事部長の心は怯えていましたが、暫くの間、忠清の言葉の意味はすぐに変わるかもしれません。彼らの会長は、この違法な子供にとって本当に珍しいようです!彼の見解では、大翔と彼の以前の職務経験から、部長の地位さえそれほど良くないが、彼は議長に反対するほど愚かではないでしょう!
さて、私は今それを手配します!

私は彼らが忙しいだけでなく、市場部門もおそらく忙しいのではないかと思います!マーケティング部門には優秀な先輩社員がたくさんいますが、若手の大翔さんが彼らに働きかけるでしょう、私は何人かの人々が幸せにならないことを恐れています!男は事務所に座って、男のグループの状況に関する結愛の報告に耳を傾けました。
「区崇文が本当に心配しているとは思っていませんでした。それで、息子のためにキャリアを始めようと急ぎました、これは動いています!」

「あなた、じゃあ何?」
次のことはあなたに引き渡されるでしょう、私は家に帰ります。男は仕事の心配がない人ではありません。

婚姻に同行するのは普通のことだろう。

「頭を上げて、悠真は今日出生チェックをする予定だ」

ああ!
結愛はすぐに明らかになり、妻の健康診断は大きな問題になりました彼の妻に対する男の心配のため、最初の健康診断では、どうすれば私は妻を同伴して起きられなかったのでしょう。

「郭少はほっとした、ここにあるものは私に手渡されるでしょう!」
結婚相手が言っていなくても、男もこれを行うことを計画しています!
「ゆうチェン?どうして突然帰ってきたの?」

女は今日の栄養価の高いスープを飲み終え、そして何人かはソファーに座って落ち込んでいた、彼女は最近ずっと太っていると感じ、その結果は長い間落ち込んでいなかった、現時点で、彼は職場にいるべきではありません、どうして彼は突然戻って来たのですか?

「馬鹿、そのような重要なこと、どうして私は来られなかったでしょう!」
男がものを置いた後、彼は女の隣に座り、女の唇にキスをしました。
うん?
何が重要です、なぜ彼女は知りませんでしたか?彼女が知らなかったことが起こったのですか?
今日は査察の時ではないか?
男は女の反応を見たが、女自身が出生診断を忘れたことをまだ理解していない!
「ああ、そうだ、どうしてこんなに重要なことを忘れることができるか、まもなく準備するよ」

女は言った、彼はソファーから立ち上がって、そして彼は寝室に走ることを計画しました、しかし、彼女の反応は本当に男を怖がらせました、そして、彼は彼がソファーから起きた後逃げ出すことを計画しました。私はすぐに女を私の腕に連れて行きました。

「あなたは私を怖がらせたいですか?」


医者に私たちについて考えさせる
「あなたは私を怖がらせたいですか?」
男は女を腕に抱きしめてしっかりと抱きしめていましたが、それでも想像することはできませんでした。私が男に連れて行かれたとき、私はただ自分が何かをすることを計画していたことに即座に気づき、そして私の心は突然しばらくの間感じました。彼女の頭の中にあるものはそれについて考えている、ただ実際に走りたい……幸いなことに、男がここにいて、叫んでいる!

「すみません、私はそれを意味しませんでした、私はちょうどそれを手に入れました。」
女は男の心配を少しの責任で見て、突然それを説明する方法を知りませんでした。
私は間違っています!

男は女の顔と苦情を見て、女には何も言いたくなかったが、女の安全性についても心配していた。女がいつもこのようなものだったとしたら、どうすれば彼は外で安心できます!
「ああ、あなたが何かを持っているなら、私は絶対に自分を許しません!」
それが彼の理由によるものであるかどうか、女は事故を持つでしょう、最終的な分析で、彼は彼女の世話をしませんでした、どのように簡単に自分自身を許すことができます!


花嫁のショットは十分な広さだ。 結婚できるのかしら! 花嫁のショットは十分な広さだ。